顔たるみ 原因 紫外線

顔たるみは紫外線も大きな原因

顔のたるみ

顔のたるみのケアというと、スキンケアでのお手入れというイメージがありますが、実は紫外線によるダメージも顔のたるみの原因になってしまいます。

 

紫外線はシミの原因というイメージが強いですが、顔のたるみにも影響することを考えると今まで、紫外線対策を怠っていたという方はしっかりと対策を取ることが顔のたるみケアのポイントにもなりますね。

 

紫外線で顔のたるみが起きる原因

紫外線にはUV-A・UV-B・UV-Cという3つの特徴の違うものが含まれています。
この中でUV-Aが3つの中で肌の真皮にまで届きコラーゲンやエラスチンと言った肌のハリや弾力を支える成分を傷つけてしまう紫外線です。

 

UV-Aは人体への害は少ないものの、しわやたるみの原因となりますので、しっかりとケアする必要があります。

 

日焼け止めではPAに注目

日焼け止めなどに記載されている紫外線対策値にSPFとPAという表記がありますが、PAの方がUV-A対策に対する数値ですので、日差しが強くなる季節はPA値が高いものを選ぶのがおすすめです。

 

UV-Aは1年中対策が必要

UV-Aは曇りの日にも降り注いでいる他、ガラスを通しても侵入してくる紫外線でもありますので、日差しが強い日だけでなく、曇り空の日もしっかりと紫外線対策を行うことや家の中にいても、注意することが大切です。

 

 


page top