ほうれい線 たるみ

ほうれい線のたるみの原因と老けてみられてしまう理由

年齢を重ねると肌の悩みも今までとは違ってくるものです。
しわやたるみ、シミなど、老けて見えてしまうものが多くあります。

 

しかし、同じくらいの年齢の人でも若く見える人と老けて見える人がいます。
その差は生まれ持った肌質よりも、生活習慣や食生活、スキンケアや紫外線に当たる量の差なのです。

 

その中でも一般的に知られているほうれい線は、鼻の横から口の横あたりまで伸びているしわです。

 

若いころは笑った時だけだったのがいつの間にか真顔の時にもしわが刻まれてしまいます。

 

加齢による顔の筋力の低下はたるみを招く

頬の筋肉が衰えることでたるんでしまうことにあります。
小じわ以上に頬の脂肪がたるみ下がることでより溝が深くなるのです。

 

片方だけで噛んでいたり、頬杖をつくなどの癖で片方だけほうれい線が濃くなってしまうこともあり、生活習慣からの影響は大きいといえます。
漫画などでも年配の人の特徴として描かれるほうれい線は、まさに老け顔という印象を与えてしまいます。

 

逆にいえば、対策をすることで薄くすることができ、年齢よりも若く見られることも可能です。
ほうれい線は加齢とともにできやすいのですが、マッサージやたるみケアなど様々なお手入れがあります。

 

ほうれい線のたるみをカバーするアヤナスBBクリーム

ほうれい線は放置しているとさらに深くなってしまう傾向があります。そんな印象を若々しく魅せるにはベースメイクは大切となります。
ディセンシアアヤナスBBクリームは敏感肌の見える年齢肌をカバーしてくれると注目されている商品です。

 

敏感肌のスキンケアメーカーだから肌に優しい

こちらのBBクリームはたるみ、毛穴や黄ぐすみにも対応しており、明るく若々しい印象へと仕上げてくれるオールフィットカラーが採用されています。

 

ヴァイタサイクルベールがバリア機能を強化し、コウキエキスがゆらぎのない肌を作り、さらにCVアルギネートもプラスされています。

 

アヤナスBBクリームの使い方

使い方は洗顔後、スキンケアした肌に適量を指にとり、頬の内側から外側に向かって顔全体に広げ額や両目、鼻筋、鼻下へと均一になじませていきます。

 

よりカバーしたい部分には少量を中指にとり、軽く置くようになじませていきます。

 

最後に両手で頬を包み込みフィットさせます。

 

 

 

 


page top